Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スウェーデンのフラメンコ教室のアレグリアス|各国の衣装

フラメンコはスペイン南部のアンダルーシアで発展した踊りですが、現在では世界の多くの国で踊られるようになっています。

スペインのお隣の国のフランスではもちろん、スペイン語圏の中南米・オーストラリア・日本・イギリス、そしてそれ以外の国でもフラメンコは踊られています。

また、世界の多くの国でフラメンコ教室が開かれ、世界中の多くの人がフラメンコを踊るようになりました。

そこでこれから、世界各国にあるフラメンコ教室のなかから、スウェーデンにあるフラメンコ教室の発表会の動画をご紹介していきたいと思います

スウェーデンにあるフラメンコ教室のアレグリアス

スウェーデンは北欧のにある国ですが、日本人にとってスウェーデンは結構つながりがある国といえるかも知れません。

インテリアや家具は北欧風が人気ですし、また、なんとなく憧れがある国なのがスウェーデンではないでしょうか?

そのようなスウェーデンでは、フラメンコはどのように受け入れられていったのでしょうか?

さっそく、スウェーデンのフラメンコ教室の踊りを見て行きましょう。

『スウェーデンのフラメンコ教室のアレグリアス』


引用:youtube

赤いフラメンコ衣装を着た3人の女性は、アレグリアスをとても楽しく踊っているように感じます。

夏はほとんど太陽が沈まないけど、冬はあまり太陽が出る時間がないスウェーデンと、灼熱の大地アンダルーシアとでは、やっぱりそこに住む人の感性は違うものがあります。

しかし、フラメンコはどの土地にも共通するもの、心の中の情熱や叫びを表現した踊りであるからこそ、世界各国で、そしてスウェーデンでも愛されている踊りなのだと思いました

ちなみに、アンダルーシアは灼熱の大地といわれますが、冬はやっぱり寒いです。

グラナダの南にあるシエラネバダ山脈にはスキー場もあるのですね。

『スウェーデンのフラメンコ教室のアレグリアス②』


引用:youtube

4人の女性の方の衣装は、白いブラウスで統一されていて、2人はスカート、もう2人はズボンと、男女のペアを意識した衣装になっているのかなと思いました。

動画で踊られていたアレグリアスは、スペインで踊られているアレグリアスとはちょっと違うような感じがします。

もちろん技術的な面の違いもありますが、それだけでなく無意識的にスウェーデンの感覚がアレグリアスの踊りや歌の中に入っているのを感じます。

しかし、その一方でアレグリアスの踊りや歌の中には、しっかりと『フラメンコの本質』が入っているのを感じます。

フラメンコの本質とは何なのか?

それは、私達日本人もフラメンコに感じる部分でありますが、『なんだか分からないけどフラメンコを踊りたい・歌いたい』という部分であると思います。

『なんだか分からないけどフラメンコが好き…』であるからこそ、本物のフラメンコに近づくために、フラメンコを踊っている。

そこに、フラメンコを愛する人が持っている『フラメンコの本質』があるのだと思います。

スウェーデンにあるフラメンコ教室の動画をみることで、『フラメンコの本質』を再認識できて良かったです。

今回ご紹介した、フラメンコ教室が気になる方は「教室の公式サイト」をご覧になってみてください。

↓各国のフラメンコの関連記事

イベリア半島・スペイン語圏・英語圏のフラメンコ|メキシコ・イギリス