カスタネットが上手い人の動画|フラメンコ・ファンダンゴ(曲)

「フラメンコのカスタネットっていくつ種類があるのだろう?」

いままで、このように思ったことはありませんでした。

しかし、カスタネットの音を比較する動画を見て、「カスタネットの音っていろいろなのがあるんだな」と思いました。

そして、上手い人がカスタネットをならすと、素直に「カスタネットってすごい!」と思ってしまいました。

「カスタネットの音は分かるけど、音の違いまでは分からない。」

このような方も、上手い人が演奏するカスタネットの音を聞けば、「カスタネットってすごい」と思うに違いない動画をご紹介していきたいと思います。

上手い人がならす8種類のカスタネットの動画(曲:ファンダンゴ)

動画タイトル

『CASTANETS PALILLOS CASTAÑUELAS COMPARISON Arleen Hurtado』

カスタネットの比較|Arleen Hurtadoさん(?)

引用:youtube

カスタネットを上手にならす女性、動画のコマ振り、ファンダンゴという曲の選曲、この3つがとても上手く合わさっていてすごい動画だと思いました。

動画が始まった瞬間から終わりまで、一瞬で終わってしまったような感じで、もう一回動画を見直している自分に気が付きました。

カスタネットにもいろいろな種類と音があることが、この動画を見ることによって、上手い人の演奏を聴くことによって、良く分かりました。

日本では、あまり見かけることがないフラメンコのカスタネット演奏ですが、この動画でカスタネットの音色を楽しんでいただけたらと思います。

ちなみに、管理人OCHOは#4のカスタネットの音が好きです。

↓ファンダンゴウエルバの動画はこちら

ファンダンゴデウェルバ|歌詞は分からないけどおすすめの動画|意味・曲種・衣装・構成

女性歌手のフラメンコ|タンゴとファンダンゴデウェルバの動画|オレー

↓明るい曲ならタンゴデフラメンコもおすすめ

地方別|タンゴデフラメンコの違いが少し分かる動画|マラガ・へレス・カディス・衣装は自由

タンゴ|独特のリズム感が笑いを誘う女性歌手の動画|フラメンコ

動画説明|上手い人がならすカスタネット(曲:ファンダンゴ)

動画説明

This video aims to show the different sound qualities of various castanets. The better the quality usually means they are easier to play and stay in “compas”. Some of the “cheap” models sound nice but contribute to hand and arm fatigue to get a clean sound. One pair (#7) was almost un-playable until I changed the worn out vintage strings to a new thick cotton pair. Also, although inexpensive, pair #6 have a sound that mixes into the flamenco music nicely.

簡易翻訳

『この動画では、様々なカスタネットの音の違いをご紹介する内容になっています。品質の良いカスタネットは手の疲労が少ないですが、品質の高くないカスタネットでは、良い音を鳴らそうとすると手が疲れてしまいます。#7のカスタネットは紐を付け替えて演奏しました。#6はフラメンコにとてもあう音質であると感じます。』

動画で使われていた音楽

Music: Solo Compas, Fandangos de Huelva(ファンダンゴデウェルバ)
Artist: Jose Galvan